devTANC(Windows版)説明書

10.設定シナリオのファイル規則

設定シナリオファイルの作成規則のご説明です。

設定シナリオファイルの作成仕様は「9-4.設定シナリオファイルの作成」をご参照ください。

10-1.設定シナリオファイル(csv形式)のタイトル行

 ・”各設定項目”の設定を行うには、該当項目の”設定シナリオのタイトル”に記載のタイトルを上から順番に
  連続して設定シナリオファイルに記載する必要があります。

■システム設定

 設定項目 設定シナリオファイルの
タイトル
説明
 コンピュータ名 コンピュータ名  コンピュータ名の設定
 管理者権限アカウント  管理者アカウント作成[名前]   管理者権限のWindowsアカウント名
 管理者アカウント作成[パスワード] 上記のパスワード
標準ユーザーアカウント  一般アカウント作成[名前]  標準ユーザー権限のWindowsアカウント
一般アカウント作成[パスワード]  上記のパスワード
 ネットワーク(有線LAN)  IPアドレス有線 例)192.168.1.101
サブネットマスク有線 例)255.255.255.0
ゲートウェイ有線 例)192.168.1.1
DNS有線 例)192.168.1.1
DHCP有線 yes = DHCPオン、no = DHCPオフ
 ネットワーク(無線LAN)  IPアドレス無線  例)192.168.5.101
 サブネットマスク無線  例)255.255.255.0
ゲートウェイ無線 例)192.168.5.1
DNS無線 例)192.168.5.1
DHCP無線 yes = DHCP有効、no = DHCP無効
 ショートカット作成  ショートカット作成[名前]  ショートカットの名前
(例)電卓
 ショートカット作成[リンク先]  ショートカットのリンク先を指定
・プログラム:該当exeのフルパスを指定
(例)電卓の場合:
C:Windowssystem32calc.exe
・Webサイト:URL
(例)googleの場合:
http://www.google.co.jp
・フォルダ:フォルダのフルパスを指定
(例)マイドキュメントの場合:
C:UsersxxxxxDocuments

■PC動作

 動作の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
 バッチファイルを実行  コマンド実行  実行するバッチファイル等のフルパスを指定
サイレントインストーラの実行も可能であり、該当インストーラの機能により、実行オプション指定によりライセンス登録等も可能となる場合があります。(例)Adobe AcrobatReaderをインストール
(管理PC名)devTANCAcroRdrDC1500720033_ja_JP.exe /sPB /rs /l
 再起動  自動ログオン設定[アカウント名]  再起動後のログオンアカウント名
 自動ログオン設定[パスワード]  上記のパスワード
 プログラム自動起動設定[管理者アカウント]  キッティング対象PCローカルに登録されている管理者アカウント
 プログラム自動起動設定[管理者パスワード]  上記のパスワード
 プログラム自動起動設定[共有フォルダパス]  管理PCの自動設定フォルダ(フルパス)を指定
システム設定にて設定したフォルダとなります。
(例)管理PCのC:PC-settingに設定している場合:
(管理PCのコンピュータ名)PC-setting
 プログラム自動起動設定[共有フォルダ用アカウント]  管理PCの自動設定フォルダにアクセス権限のあるアカウント名
 プログラム自動起動設定[共有フォルダパスワード] 上記のパスワード
再起動 yes = 再起動を実行

※必ずyesを設定ください。

自動ログオン解除 yes =  再起動後の自動ログオン動作を解除

この再起動シナリオの後に、一連のシナリオ内でもう一度再起動を実行する場合は”no"を指定します。

プログラム自動起動設定解除  yes = 再起動後の自動設定プログラム再起動を解除

※この再起動シナリオの後に、一連のシナリオ内でもう一度再起動を実行する場合は”no"を指定します。