devTANC(Windows版)説明書

10.設定シナリオのファイル規則

設定シナリオファイルの作成規則のご説明です。

設定シナリオファイルの作成仕様は「9-4.設定シナリオファイルの作成」をご参照ください。
また、設定シナリオを実行するためのdevTANC定義ファイルを最新のものをインストールいただく必要があります。
最新定義ファイルは、「devTANC (Windows版)」定義ファイルのダウンロードページよりダウンロードのうえdevTANCにインストールをお願いします。

10-1.設定シナリオファイル(csv形式)のタイトル行(最終更新日:2019年4月19日)

”各設定項目”の設定を行うには、該当項目の”設定シナリオのタイトル”に記載のタイトルを設定シナリオファイルに入力します。

■システム設定

   設定項目 設定シナリオファイルの
タイトル
説明
   コンピュータ名 コンピュータ名 設定するコンピュータ名
  コンピュータの説明を設定 コンピュータの説明 設定するコンピュータの説明
  ドメイン参加
※ドメイン参加の前後で再起動を必ず行ってください
ドメイン参加[ドメイン名] 所属するドメイン名
(例)sampledomain.local
ドメイン参加[アカウント名] ドメイン参加の際の認証用ドメインアカウント名
ドメイン参加[パスワード] 上記のパスワード

■Windowsユーザーアカウント設定

   設定の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
  管理者権限アカウント作成  管理者アカウント作成[名前]  管理者権限のWindowsアカウント名
管理者アカウント作成[パスワード] 上記アカウントのパスワード
  標準ユーザーアカウント作成  一般アカウント作成[名前] 標準ユーザー権限のWindowsアカウント名
一般アカウント作成[パスワード] 上記アカウントのパスワード
  アカウントを削除
※管理者、標準ユーザー共通
アカウント削除 削除するWindowsアカウント名
  既存アカウントのパスワード設定  アカウントパスワード設定[名前] パスワードを設定する既存アカウント名
アカウントパスワード設定[パスワード] 既存アカウントに設定するパスワード
  既存アカウントのパスワードを無期限に設定 アカウントパスワード無期限 無期限設定にするアカウント名
NEW 次回ログオン時のパスワード変更を有効化 次回ログオン時パスワード変更 設定するアカウント名
NEW 次回ログオン時のパスワード変更を無効化 次回ログオン時パスワード変更不要 設定するアカウント名
NEW パスワード変更を禁止 パスワード変更禁止 設定するアカウント名
NEW パスワード変更を許可 パスワード変更許可 設定するアカウント名
NEW アカウントをグループアカウントに追加 アカウントをグループへ追加[アカウント名] 設定するアカウント名
アカウントをグループへ追加[グループ名] アカウントを追加するグループ名

■ネットワーク設定

   設定の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
   ネットワーク(有線LAN)  IPアドレス有線 例)192.168.1.101
サブネットマスク有線 例)255.255.255.0
ゲートウェイ有線 例)192.168.1.1
DNS有線 例)192.168.1.1
※「192.168.1.1;192.168.5.10」の様に「;(セミコロン)」で区切って指定することで優先DNS、代替DNS、第3DNS、第4DNSの設定となります。
DHCP有線 yes:DHCP有効
no:DHCP無効
WINS有線[プライマリ] 例)192.168.1.1
WINS有線[セカンダリ] 例)192.168.10.1
   ネットワーク(無線LAN)  IPアドレス無線 例)192.168.5.101
 サブネットマスク無線 例)255.255.255.0
ゲートウェイ無線 例)192.168.5.1
DNS無線 例)192.168.5.1
※「192.168.5.1;192.168.5.10」の様に「;(セミコロン)」で区切って指定することで優先DNS、代替DNS、第3DNS、第4DNSの設定となります。
DHCP無線 yes:DHCP有効
no:DHCP無効
WINS無線[プライマリ] 例)192.168.1.1
WINS無線[セカンダリ] 例)192.168.10.1
  プロキシサーバの使用設定
※コントロールパネル→インターネットオプション→接続→LANの設定
→”LANにプロキシサーバーを使用する” をチェックオン
プロキシサーバ使用 yes:”LANにプロキシサーバーを使用する”をチェックオン
no:チェックオフ
  プロキシサーバの不使用設定
※コントロールパネル→インターネットオプション→接続→LANの設定
→”LANにプロキシサーバーを使用する” をチェックオフ
プロキシサーバ不使用 yes:”LANにプロキシサーバーを使用する”をチェックオフ
no:既存設定のまま変更しない
  プロキシサーバの
IP、ポート設定
プロキシサーバ設定 例)192.168.5:8080
  IPv6の無効化設定 IPv6無効化 yes = IPv6を無効化
no = 既存設定のまま変更しない

■ファイル、データ操作

   操作の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
  ショートカットを作成  ショートカット作成[名前]  ショートカットの名前
(例)電卓
 ショートカット作成[リンク先]  ショートカットのリンク先を指定
・プログラム:該当exeの絶対パスを指定
(例)電卓の場合:
C:Windowssystem32calc.exe
・Webサイト:URL
(例)googleの場合:
http://www.google.co.jp
・フォルダ:フォルダの絶対パスを指定
(例)マイドキュメントの場合:
C:UsersxxxxxDocuments
  デスクトップ上の任意フォルダを削除  フォルダ削除(デスクトップ) 削除対象フォルダ名
(例)work
  ゴミ箱を空にする ゴミ箱を空にする yes:ゴミ箱を空にするを実行
no:実行しない
  任意のファイルを削除 ファイル削除 削除対象ファイルのフルパス
(例)C:\tmp\xxxx.txt
  任意フォルダが存在することを確認 フォルダ有無確認 確認対象ファイルのフルパス
(例)C:\xxxxx
NEW 任意フォルダを削除 フォルダ削除 削除対象フォルダのフルパス
(例)C:\work
NEW スタートメニューの「最近使ったドキュメント」の内容を削除 最近使ったドキュメント削除 yes:削除する
no:削除しない
NEW IEのCookieを削除 Cookie削除 yes:削除する
no:削除しない
NEW IEのWebサイト閲覧履歴を削除 Webサイト閲覧履歴削除 yes:削除する
no:削除しない

■PC操作

   動作の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
   バッチファイルを実行  コマンド実行  実行するバッチファイル等のフルパスを指定
サイレントインストーラの実行も可能であり、該当インストーラの機能により、実行オプション指定によりライセンス登録等も可能となる場合があります。
(例)Adobe AcrobatReaderをインストール
\\filesv\share\AcroRdrDCxxx_ja_JP.exe /sPB /rs /l
  コマンドプロンプトを表示してバッチファイルを実行 コマンド表示実行 バッチファイルのフルパスを指定
(例)
\\filesv\share\xxxxx.bat
   再起動
(再起動後にローカルアカウントで自動ログオン)
 自動ログオン設定[アカウント名]  再起動後のログオンアカウント名
 自動ログオン設定[パスワード] 上記のパスワード
再起動 yes = 再起動を実行
※必ずyesを設定ください。
自動ログオン解除 yes =  再起動後の自動ログオン動作を解除この再起動シナリオの後に、一連のシナリオ内でもう一度再起動を実行する場合は”no"を指定します。
  再起動
(再起動後にドメインアカウントで自動ログオン)
ドメイン自動ログオン設定[ドメイン名] 再起動後のログオンドメイン名
ドメイン自動ログオン設定[アカウント名] 再起動後のログオンのドメインアカウント名
ドメイン自動ログオン設定[パスワード] 上記のパスワード
再起動 yes = 再起動を実行
※必ずyesを設定ください。
自動ログオン解除 yes =  再起動後の自動ログオン動作を解除この再起動シナリオの後に、一連のシナリオ内でもう一度再起動を実行する場合は”no"を指定します。
  RPA機能
※(インストール ウィザードの自動操作)
RPA RPAシナリオを実行
RPA操作手順

■Windows更新プログラムの自動適用

Windows更新プログラム自動適用 サンプル シナリオ
   動作の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
   更新プログラムを適用  更新プログラム適用  更新プログラム(.msu ファイル)のフルパスを指定。
(ご参考)

更新プログラムの入手先
  自動再起動後の設定(1) プログラム自動開始設定[管理者アカウント] pc-setting.exeが保管されている「自動設定プログラムの保管場所(共有フォルダ)」を配置しているPCの管理者アカウント名。
※Windows更新プログラムの適用途中で自動再起動を行う場合は、本項から「自動再起動後の設定(5)」を連続でシナリオ設定します。

自動再起動設定の詳細
  自動再起動後の設定(2) プログラム自動開始設定[管理者パスワード] pc-setting.exeが保管されている「自動設定プログラムの保管場所(共有フォルダ)」を配置しているPCの管理者アカウントのパスワード。
  自動再起動後の設定(3) プログラム自動開始設定[共有フォルダパス] pc-setting.exeが保管されている「自動設定プログラムの保管場所(共有フォルダ)」のフルパス。
  自動再起動後の設定(4) プログラム自動開始設定[共有フォルダ用アカウント] pc-setting.exeが保管されている「自動設定プログラムの保管場所(共有フォルダ)」のアクセスアカウント名。
  自動再起動後の設定(5) プログラム自動開始設定[共有フォルダパスワード] pc-setting.exeが保管されている「自動設定プログラムの保管場所(共有フォルダ)」のアクセスアカウントのパスワード。
  自動再起動を解除 プログラム自動起動設定解除 再起動後のWindows更新プログラムの自動適用の開始を解除
※「プログラム自動開始設定(1)~(5)」を設定した場合、必ず再起動シナリオの後に本項の設定を行ってください。

■ライセンス認証

   動作の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
  WindowsOSの認証
※自動ライセンス認証を実行
 OS-Activate yes :ライセンス認証を実行
no  :ライセンス認証を実行しない
  WindowsOSの認証
※プロダクトキー入力
OS-ProductKey プロダクトキーを指定
(例)
XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
  MS Officeの認証
※自動ライセンス認証を実行
Office-Activate yes :ライセンス認証を実行
no  :ライセンス認証を実行しない
  MS Officeの認証
※プロダクトキー入力
Office-ProductKey プロダクトキーを指定
(例)
XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

■BitLocker暗号化設定(システムドライブ編)

システムドライブをBitLockerで暗号化する場合、以下の6項目全てのシナリオ設定が必須となります。

   設定の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
NEW BitLockerのPINコード使用を許可 BitLockerPINの許可 yes:許可(PINコードを設定する場合)
no:許可しない
※PINコードを設定する場合、"yes"設定が必須となります。
NEW 暗号化ドライブを指定 BitLocker暗号化[ドライブ] [暗号化対象ドライブ]+[: (コロン)]
(例)C:
NEW PINコード設定 BitLocker暗号化[PIN] 4-20文字のPINコードを指定
※空白の場合、PINコードを使用しない設定となります。
NEW 暗号化キーのバックアップ先を指定 BitLocker暗号化[キー保存先] 任意ファイル名(.txt)のフルパスを指定
(例)H:\BitLocker_key1.txt
NEW 空き領域の暗号化設定 BitLocker暗号化[未使用領域を含む] yes:空き領域も暗号化
no:空き領域は暗号化しない
NEW 暗号化アルゴリズムを指定 BitLocker暗号化[アルゴリズム] 以下の何れかを指定
Aes128、Aes256、XtsAes128、XtsAes256

■BitLocker暗号化設定(データドライブ編)

データドライブをBitLockerで暗号化する場合、以下の5項目全てのシナリオ設定が必須となります。

   設定の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
NEW 暗号化ドライブを指定 BitLocker暗号化(データドライブ)[ドライブ] [暗号化対象ドライブ]+[: (コロン)]
(例)D:
NEW 自動ロック解除設定 BitLocker暗号化(データドライブ)[自動ロック解除] yes:自動ロックを解除
no:自動ロックを解除しない
NEW 暗号化キーのバックアップ先を指定 BitLocker暗号化(データドライブ)[キー保存先] 任意ファイル名(.txt)のフルパスを指定
(例)H:\BitLocker_key2.txt
NEW 空き領域の暗号化設定 BitLocker暗号化(データドライブ)[未使用領域を含む] yes:空き領域も暗号化
no:空き領域は暗号化しない
NEW 暗号化アルゴリズムを指定 BitLocker暗号化(データドライブ)[アルゴリズム] 以下の何れかを指定
Aes128、Aes256、XtsAes128、XtsAes256

■プリンタードライバのインストール

   動作の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
LPRプロトコルの
プリンターを追加
プリンタ追加(LPR)[プリンタ名] プリンター名
プリンタ追加(LPR)[プリンタポート名] プリンターポート名
プリンタ追加(LPR)[IPアドレス] IPアドレス
(例)192.168.200.240
プリンタ追加(LPR)[キュー名] キュー名
プリンタ追加(LPR)[バイトカウント] on:LPRバイトカウントを有効化
off:LPRバイトカウントを無効化
プリンタ追加(LPR)[ドライバ名]  プリンタードライバ名
プリンタ追加(LPR)[infファイル]  インストールするプリンタードライバの「.INF」ファイルのフルパスを指定。
※プリンターメーカーより提供されるプリンタードライバを展開し、その中の「.INF」ファイルの場所を指定します。
「.INF」ファイルは、キッティング対象PCからアクセス可能な場所に保管しておく必要があります。
Rawプロトコルの
プリンターを追加
プリンタ追加(Raw)[プリンタ名] プリンター名
プリンタ追加(Raw)[プリンタポート名] プリンターポート名
プリンタ追加(Raw)[IPアドレス] IPアドレス
(例)192.168.200.240
プリンタ追加(Raw)[ポート] ポート番号
プリンタ追加(Raw)[ドライバ名] プリンタードライバ名
プリンタ追加(Raw)[infファイル] インストールするプリンタードライバの「.INF」ファイルのフルパスを指定。
※プリンターメーカーより提供されるプリンタードライバを展開し、その中の「.INF」ファイルの場所を指定します。
「.INF」ファイルは、キッティング対象PCからアクセス可能な場所に保管しておく必要があります。

■シナリオ実行結果の出力ファイル(設定結果出力)に追加出力する設定確認項目

「設定結果出力(csv形式)」ファイルに出力するシナリオ実行項目以外に追加指定する場合、以下をシナリオに定義します。

   出力の種類  設定シナリオファイルの
タイトル
 説明
Windows OSのプロダクトID  OS-PID  各行の設定は空白(設定値不要)
MS OfficeのプロダクトID Office-PID 各行の設定は空白(設定値不要)
IEのバージョン  IEバージョン 各行の設定は空白(設定値不要)
Adobe Acrobat Reader DCのバージョン バージョン(Adobe Acrobat Reader DC - Japanese) 各行の設定は空白(設定値不要)
NEW BitLockerの有効/無効化 BitLocker状態 各行の設定は空白(設定値不要)
NEW 暗号化アルゴリズム BitLockerアルゴリズム 各行の設定は空白(設定値不要)
NEW 暗号化された割合 BitLocker割合 各行の設定は空白(設定値不要)