LogVillage2.0 マニュアル

ポーリングサーバから管理対象PCへの接続確認の実行手順

以下の手順で接続確認(通信テスト)を行うことができます。
接続確認はポーリングサーバより行います。
複数のポーリングサーバを配置している場合は、接続確認を行う管理対象PCに登録されているポーリングサーバより接続確認を行ってください。
登録されているポーリングサーバは、システム設定→共通設定→管理対象PC画面にて確認してください。

1)(ポーリングサーバ)タスクトレイより「続確認ツール」を起動
PSタスクトレイアイコンを右クリックし、「接続確認」を選択
 PSタスクトレイアイコン
 PSタスクトレイアイコン 右クリックメニュー

 【メモ】
  PSタスクトレイアイコンがタスクトレイに表示されていない場合、以下の手順でPSタスクトレイを起動してください。
  ・スタート→SO-TEN→[LV_TaskTray(PS)の起動]を選択

※以下の手順で直接「接続確認ツール」を起動することもできます。
①Windowsエクスプローラでポーリングサーバのインストールフォルダへ移動
 デフォルトでは以下の場所となります。
 C:\Program Files (x86)\SO-TEN\LogVillage\PServer
 ※インストール時に変更している場合は読み替えてください。
②「TaskTray」フォルダを開く
 ポーリングサーバ インストールフォルダ
③「LvCheckTool.exe」を右クリックし、”管理者として実行”を選択
 接続確認ツールの起動

2) 接続確認を行う管理対象PCを選択
 管理対象PCにチェックを入れる
 接続確認画面

 【メモ】
  ・ウインドウ左下のグループを選択すると、該当グループに登録されている管理対象PCが絞り込み表示されます。
  ・選択するグループはID番号で表示されます。
   ID番号は(管理画面)グループ設定画面より確認できます。
   グループ名にマウスカーソルを乗せると、ブラウザ左下にURLが表示されます。
   URL末尾の数字が当該グループのID番号となります。

3) 接続確認を開始
 [接続確認]ボタンをクリックすると接続確認が開始されます。
 接続確認には管理対象PC1台あたり数分かかる場合があります。
 選択した全ての管理対象PCの接続確認が終了すると以下のウインドウが表示されますので[OK]をクリックします。
 接続確認完了ウインドウ
 【メモ】
  ・接続確認の実行を中止する場合は[中止]ボタンをクリックするか、接続確認ウインドウを閉じると実行が中断されます。

4) 接続確認の結果
 接続確認に問題のない場合は水色背景となります。
 接続に問題がある場合は赤色背景となります。
 接続確認(実行結果)

5) 接続エラーの内容を確認
 エラーとなった管理対象PC(赤色背景)の行をダブルクリックするとエラーメッセージが表示されます。
 接続確認の結果ウインドウ

5) 接続エラーの内容をCSVファイルに出力
 [CSV出力]をクリックすると詳細な接続結果がCSVファイルに出力することができます。
 蒼天に接続エラーへの対処法に関するお問合せの際は、出力したCSVファイルをご送付ください。